セミナー情報

セミナー情報

セミナーの詳細確認とお申し込みができます。

物流担当者の英語道・入門

開催日 : 2016年8月2日(火) 13:00 〜17:30(受付12:30~)

会場 : 東京都港区東新橋1-9-3 日本通運本社ビル 4階 会議室C

アイコンgoogleカレンダーに追加する アイコンセミナーリーフレットをダウンロードする

ロジゼミ

申し込み〆切 2016年7月29日(金) 13:00
参加費 1名様/22,000円(税込)
定員 50名(最少開催人数:20名)
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
対象者 ・荷主の貿易・ロジスティクス・サプライチェーンに携わる方
・国際・国内フォワーダーの営業・オペレーションに携わる方
・ロジスティクス英語を含むビジネス英語に挑戦をしたい方
申込方法 お申し込み画面より、エントリーを行って下さい。
エントリー受付後、請求書・参加証をお送りいたします。
※お手元に届かない場合はご連絡下さい。
<開催直前のお申込について>
定員に余裕のある場合は直前受付も致しますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
支払い方法 銀行口座振込
※請求書がお手元に届き次第、指定の銀行口座にお支払い下さい。
※お支払いは開催日前日までにお願いいたします。
※振込み手数料はお客様ご負担とさせていただきます。

 グローバルビジネスが一層と進展する中で、国際・国内案件を推進する物流事業者/荷主企業は、国際語である英語抜きで案件を進めることは難しく、英語での対応が出来ない物流担当者は生き残れなくなる時が到来するかもしれません。
 一方、例えば、SCM(Supply Chain Management)という用語が頻繁に使われていますが、「SCMとは何か!」を英語で説明できる者が身近に何人いるでしょうか?
 近隣アジア諸国(韓国、中国、タイ、シンガポール、フィリピン等)の物流担当者は、少なくとも普通の日本人以上の英語力を持って活躍しています。
 物流担当者の英語力を向上させるには何が必要なのか!このセミナーで学んでいただきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

タイムテーブル

13:00~13:05 オリエンテーション
13:05~13:35 1、物流業の経営力の核は英語力による競争である
  • 2016年のアジア大学の最新ランキングで、シンガポールの大学がトップに立った。なぜかを考えてみたい。
13:35~14:05 2、国際・国内物流・ロジスティクス・サプライチェーン英語の定義と範囲
  • 国際貨物の流れ
  • 輸出業務プロセス
  • 輸入業務プロセス
14:15~16:20 3、主要なプロセスにかかわるロジスティクス英語解説
  • 国際貨物航空輸出入業務プロセス
  • サプライチェーン・プロセス
  • 国際規格(ISO品質・環境・労働安全衛生・情報など)
  • 物流契約書(NDA)
16:30~17:00 4、物流マンの物流英語習得法
  • 物流業の仕事の範囲を広く、深く捉え、関連プロセスと用語を英語で理解する
  • 英語をものにするには、度胸・忍耐と生涯学ぶという姿勢が必要である
17:00~17:30 5、質疑応答

※カリキュラムは変更になることがございますので、あらかじめご了承ください。
※適宜、休憩をはさみます。

キャンセル規定

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席下さい。
代理の方もご都合がつかない場合は、7月25日18時までに事務局にご連絡下さい。
それ以降のキャンセルは下記キャンセル料を申し受けます。
7月26日~29日 ・・・・・参加料の30%
8月1日及び8月2日 ・・・・・参加料の全額

お問い合わせ

ロジゼミ事務局

担当:山内

電話

03-6251-3279

受付時間 : 平日10:00~18:00

FAX

03-6251-6450

講師プロフィール

講師写真

宇野 修(うの おさむ)ロジスティクスバンク 代表

外資系大手航空会社、外資系大手国際フォワーダー、外資系経営コンサルティング会社、外資系ITソフトウエア会社において、営業、マーケティング、リスクマネジメント、統合マネジメントシステム、SCM、国際ロジスティクスソフトウエア顧客開発を経験する。
著書に『国際航空貨物マーケティング』、『「売る」ロジスティクス品質の創造』、『経営改革-まず物流コストを削ぎ落とせ!』

会場

東京都港区東新橋1-9-3 日本通運本社ビル 4階 会議室CGoogle Mapsで見る

提供サービス

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら