services-research

調査・研究の事例

日通総合研究所が取り組んできた事例の一部をご紹介いたします。

事例4最先端技術動向の調査・アドバイザリー

調査方法

調査内容
  • 人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、自動運転などの最新技術による物流業界の変化の予測
  • 同予測をベースにした物流企業、物流機器メーカーへのアドバイザリー業務
背景・目的
  • 人工知能、IoT、自動運転などの新技術の登場により、今後の物流のあり方自体が大きく変わる可能性がある。
  • 物流企業および物流機器メーカーが、その変化に対応し生き残るための施策、長期投資案を考えるため。
手法
  • 人工知能、IoT自体の開発やアプリケーション利用が進んでいる北米および欧州での情報収集(直接取材・インタビュー、カンファレンス出席、展示会取材など)
  • デスクトップ調査(主にソフトウェア会社の取り組みや商品など外国の情報)

成果物と
調査ポイント

  • 現地取材をベースとしたディスカッション・ペーパーを作成(パワーポイント)。また現地での写真や動画も活用し討議に使用。
  • 「物流」、「物流機器」の範疇に捉われないカンファレンス・展示会の出席が有効。特にソフトウェアや産業機器、コンシューマー機器などのもの。(これらで使われている技術が後々物流関連にも応用されていくため。)
  • 北米・欧州での主要カンファレンス・展示会には全て出席し最新情報を収集。(日本国内のカンファレンス・展示会、日本語媒体だけでは十分な情報得られない。)
資料のサンプル
  • 注目技術
    注目技術

    欧州での最先端技術取材で注目された技術を列挙し、詳しく報告。

  • 大手の状況
    大手の状況

    マテハンメーカーなど大手プレーヤーの技術動向やヒアリングで得られた将来の方向性をプレーヤーごとにまとめて報告。

  • CeBIT概要とコメント
    CeBIT概要とコメント

    取材した展示会・カンファレンスがどのようなものであったか、簡潔にまとめている。

  • 会場の様子
    会場の様子

    当該展示会・カンファレンスの様子を写真でリストアップし、現地の雰囲気を感じていただくスライド。

提供サービス

調査・研究の事例

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら