services-research

調査・研究の事例

日通総合研究所が取り組んできた事例の一部をご紹介いたします。

事例1コールドチェーン物流調査

調査方法

デスクトップ調査

アセアン諸国のコールドチェーン物流の状況と事業環境調査

  • プレーヤー:輸送業者、倉庫業者、流通業者(リテーラー)
  • 需要:現在の品目、金額、物量および将来予測
  • ビジネス面:供給側のビジネスモデル分析(コスト構造など)
  • 法規制:外資規制、ライセンス取得、輸出入規制
背景・目的

アセアン諸国の経済発展により、冷蔵・冷凍での輸送・保管を必要とする物品の需要が顕在化。
それに伴い、現地でのコールドチェーン物流(特に国内物流)がどうなっているか、品質に耐えうるものか、無ければどう対応すればよいか、の荷主による問い合わせも増加。それに応えるためアセアン主要各国の状況を調査。

手法
  • デスクトップ調査
  • 現地調査(関係機関およびプレーヤーのヒアリング、施設の視察)。現地調査は対象国全てにて実施。

成果物と
調査ポイント

  • 本調査はクライアントの希望により、各国別、日本語、パワーポイント・プレゼン形式にて成果物を作成(サンプルご参照)。
  • アセアン域内の経済格差も大きく、環境が大きく違う。アセアンはシンガポールをはじめとする先進国グループとCLMVと呼ばれる後進国グループに分かれるが、後者は公式データも(調査時点では)ほぼ存在しない状態。その為、現地でのヒアリング(飛び込み含む)、その場での紹介、など現地にて臨機応変に対応することにより、分析のソースとなる一時データ(プライマリーデータ)を収集。

併せて、その用地や地域の物流施設が、物流業務においてどのような使い方に適しているか・どういった特性の品目の取扱に適しているか等を指摘。

資料のサンプル
  • プレーヤーマップ
    プレーヤーマップ

    調査対象国ごとにデスクトップ調査、ヒアリングなどで全体構造の把握とプレーヤー、商売の流れなどをわかりやすくマップ化。

  • Segmentation - 物流アウトソースが進んでいるカテゴリー
    Segmentation – 物流アウトソースが進んでいるカテゴリー

    プレーヤーのセグメンテーションマップを作成。クライアントのターゲットリスト作成のためのベース資料となるケースが多い。

  • 冷蔵庫の普及率
    冷蔵庫の普及率

    デスクトップでデータを分析し、調査対象国と他の国との比較を図る。当スライドは日本の過去の状況と比較することで、クライアントにイメージし易く作成している。

  • ハイパーマーケットの状況(売り場面積12,000㎡)
    ハイパーマーケットの状況(売り場面積12,000㎡)

    当社の調査は現場主義、可能な限り現場に足を運び状況を確認する。当該スライドは調査国のスーパーマーケット。

  • 物流業者の状況
    物流業者の状況

    当社の調査は現場主義、可能な限り現場に足を運び状況を確認する。当該スライドは調査国の物流業者コールドチェーン施設の状況。

提供サービス

調査・研究の事例

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら