メンバープロフィール

閉じる
氏名
綿貫 麻衣香 (わたぬき まいか)
役職
Consultant
経歴

2018年10月 株式会社日通総合研究所入社
2004年 国際物流(フォワーディング)企業入社
 法人顧客向け国際航空・海上貨物の輸出出荷手配と貿易実務に従事。主にアジア向け、欧州向けの機械パーツ輸出顧客を担当。出荷モードのアドバイスから、輸出に係る一連の工程(見積作成、混載・コンテナ予約、通関手続き準備、インボイス作成等)をアレンジ。
2009-2010年 在アンゴラ日本大使館
 草の根無償資金協力による、コミュニティーレベルの小規模ODA案件形成と管理、終了後評価に従事。アフリカにおけるインフラ・物流課題を認識する。
2010-2015年 世界銀行
 モザンビーク事務所、ボツワナ事務所において、融資プロジェクトや技術協力プロジェクトのポートフォリオ管理、国別ストラテジー作成に関与。また、ワシントンDC本部では主にアフリカ各国の交通貿易物流分野の政策提言書に関わる。アフリカの交通貿易(港や回廊、税関)プロジェクトに関わり、交通物流網改善、貿易円滑化、による貿易コストの削減に関する途上国政府への提言に、物流実務者・アフリカの現場経験者の観点から貢献。アフリカの知見や政策策定支援の経験を活かし、現在も主に上流政策から案件開発分野での業務に従事。
2015-2018年 PwCアドバイザリー合同会社
 PPP・インフラ・PPP部門にて、日本企業のインフラ輸出促進を目的とした公官庁・国際機関向けの調査、民間事業者向けプレFSや市場調査に関わる。主に上流政策から官民連携案件開発分野を中心に従事。

2004年 東京外国語大学外国語学部ポルトガル語専攻卒業
2009年 米国Columbia University Teachers Collegeにて修士号(アフリカ国際教育開発)修得

得意分野
  • 海外フォワーディング事業関連法制度調査
  • 貿易回廊開発、港湾開発に係る調査、コンサルティング
  • 政策、戦略立案支援
  • 投資環境法制度調査
取り組んだプロジェクト
  • 海外政府向け交通物流政策提言書作成
  • 海外インフラ市場・投資環境調査
  • 国交省「交通渋滞等が深刻化する開発途上国の効果的支援に向けた調査業務(タイ、ミャンマー」
  • 経済産業省「インフラシステム海外展開促進調査等事業(アジア、アフリカ)」等
論文
  • Review of logistics service regulations for freight forwarding businesses: what should be addressed for a better logistics regulatory framework ? (2015, World Bank)