メンバープロフィール

閉じる
mine
氏名
峯 猛 (みね たけし)
役職
Senior Consultant
経歴

1993 年 株式会社日通総合研究所入社
 主に自動車や鉄道といった陸運関係の調査業務に従事。低公害車や環境税など、運輸・物流分野での環境負荷削減に関わる調査業務などを担当。鉄道貨物輸送についての需給バランスの検討など、モーダルシフト促進の業務も手掛ける。近年は、陸運のみならず、港湾への集荷促進策など、モード(輸送機関) 間の複合、国際と国内との複合の案件も手掛ける。
 2011 年の東日本大震災に際しては、物資供給問題の現地調査を担当。的確な物資供給を成り立たせるための輸送・荷役・情報といった諸要素の災害時における問題点を提示し、以後、災害時の物資集積拠点に関する調査・研究も行っている。

1991 年 岡山大学 文学部史学科 卒業
1993 年 立正大学大学院 文学研究科地理学専攻 修士課程修了

得意分野
  • トラック輸送・鉄道輸送における実態調査・研究
  • 災害時対応などの調査・研究
取り組んだプロジェクト
  • 一般統計調査(全国貨物純流動調査)
  • 物流結節施設フィジビリティ調査
  • 災害時物資集積拠点基礎調査
  • 東京五輪物流影響調査
  • 鉄道貨物輸送関連調査 等
論文
  • 国際物流シームレス化目指す日本の取組~大型背高コンテナ輸送支える道路インフラの整備急務に〜(道路 2013 年11 月号)
  • 物流業界における人手不足と対策への私案(流通ネットワーキング 2015 年5 月・6 月号)
講師・講演テーマ
  • 明治大学リバティアカデミー 物流戦略を考えるサロン「鉄道による貨物輸送の過去・現在・未来」 講師(2014 年12 月)
  • 流通経済大学 災害ロジスティクス論「災害時における物流の状況と課題」 客員講師(2011 年度~2016 年度)
  • 産業立地実務研修会「物流業の動向~物流施設の機能と立地~」(2015 年6 月 一般財団法人日本立地センター様)
  • 農業総合研修会「物流をめぐる環境変化に伴う北海道農畜産物への影響と今後の展望」(2015 年 12 月 一般社団法人北海道地域農業研究所様)