services-consulting

事例紹介

日通総合研究所が取り組んできた事例の一部をご紹介いたします。

事例10拠点集約による物流コスト削減と在庫圧縮

お客様の概要と課題

お客様の概要
  • 運搬・工場施設用機械メーカー
  • 補修パーツを部品メーカーから調達して、部品センターを中核とした国内5ヶ所の物流拠点保管し、全国のユーザーに納品
課題

物流コストが高く、販管費を押し上げてしまっている。また、在庫の絶対量も過剰気味である。
モノの流れになんとなくムダがありそうだが、何が問題なのかよくわからない。

分析事項と
明らかになった問題点

分析事項
  • 各物流拠点から、どの県にどれだけの貨物が出荷されているかを、製品カテゴリー別に分析。併せて、日別出荷数量の波動や、物流拠点間の横もち移動の実態も分析。
  • 各物流拠点のアイテム別在庫数量を調査。
  • 出荷状況や在庫管理についての拠点担当者からの聴き取り調査、倉庫レイアウト調査。
問題点
  • 各拠点の仕向地の重複が過剰。
    一日に同一仕向地へ出庫しているケースも多く、ロット分散による輸送コストの増大に直結。
  • 各拠点が独自でベンダーに発注し、安全在庫を確保するため、ムダな在庫が発生。
  • 特定ユーザーからの大量発注による出荷量の波動に備えるための在庫・要員負担が過重。
consulting10-case-01

改善策と成果

改善案
  • 物流拠点を5ヶ所から3ヶ所に集約した上で、管轄エリアを明確にし、エリア外出庫を解消。
  • ベンダーに対する発注 および発注点計算は、物流中核拠点である部品センターに集約。
  • 特定ユーザー向けの大量出庫は、メーカーからの直接納品または別管理体制に変更。
成果
  • 物流トータルコスト 約20%削減
  • 部品在庫金額 約15%の圧縮
consulting10-case-02

サプライチェーン最適化事例

物流センター内改善事例

輸配送ネットワーク改善事例

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら