services-consulting

事例紹介

日通総合研究所が取り組んできた事例の一部をご紹介いたします。

事例7ピッキング方式の見直しによる物流効率化

お客様の概要と課題

お客様の概要
  • お客様はコンピューターメーカー(パーツセンター)
  • 大口顧客への配送が多く、トータルピッキングを採用している
課題
  • 出荷時に仕分けスペースが商品で溢れてしまい、方面別仕分け作業に多大な労力(人、時間)を費やしている
  • 多くの人を投入しているにも関わらず、作業指示待ちで待機している作業員がいる

分析事項と
明らかになった問題点

分析事項
  • 仕向地別出荷数量分析(箱、Piece、パレットなどの単位別)
  • 顧客別配送日数および出荷数量のABC分析
  • 仕分け作業場所レイアウトの検証
consulting07-case-01_1
問題点
  • 大口顧客への一括(パレット、箱単位)配送以外に、Piece単位での出荷が全体の20%を占めていた
  • 仕分けスペースでPiece単位の製品をピッキングしているため、商品探しに時間が掛っている
  • 仕分けスペースで箱から必要なPiece数を抜き出すため、歯欠けの箱を誤って出荷してしまうことがある

改善策と成果

改善案
  • Piece単位出荷作業をトータルピッキングからオーダーピッキングに変更することをご提案
  • ピッキング方式の変更に伴い、保管レイアウトの一部に中量棚を設置
  • 仕分けエリアでの商品探しを極力減らすことで作業時間を短縮
consulting07-case-02_2
成果
  • 物流トータルコスト 約10%の削減
  • 仕分け作業効率を向上させることで、パート・アルバイトの人員数を削減、誤出荷の低減

サプライチェーン最適化事例

物流センター内改善事例

輸配送ネットワーク改善事例

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら