services-consulting

事例紹介

日通総合研究所が取り組んできた事例の一部をご紹介いたします。

事例2グループ内ロジスティクスの課題抽出と改善提案

お客様の概要と課題

お客様の概要
  • 全国対象とした小口配送事業者
  • BtoB、BtoC、CtoC等きめ細かな配送網を構築・展開し、商品販売サービスも実施
  • 機能別分社化によりホールディング会社を中心とした5社体制にて展開
課題
  • 従来1社で行っていた必要物資の調達・供給が、分社化によって適切に機能せず、現場からの不満が高まっている。
  • 不要なコストが発生している可能性がある。
  • 各機能を整理し、他業者に対する競争力を高めたい。

分析事項と
明らかになった問題点

分析事項
  • 分析方法

    データ分析、ヒアリング、現地視察

  • 分析項目

    物資需要予測、計画策定、調達、保管・在庫、輸送・配送、現場からの発注、商品販売状況、サービスレベル遵守状況、グループ内ロジスティクス利用状況

  • 分析対象

    全商品・全供給物資

問題点
  • グループ各社における目指すべき姿が構築・共有されていない。
  • 全体の「見える化」がなされていない。
  • 各部署が担当業務ごとに最適化を推進するため、全体最適状態となっていない。
  • 結果として、過剰在庫、欠品、不要物流、不要コスト、販売機会ロスが発生し、サービスレベルに不満。
  • グループ会社内において不信感が存在。
consulting02-case-01

改善策と成果

改善案

11項目にわたる課題点を抽出し、21項目の改善提案。

主な改善提案項目
  • あるべき姿の整理
  • 需要予測ロジックの策定
  • 在庫基準の設定
  • 効率的な輸配送を実現する発注方式の導入
  • 販売実績を考慮した供給数量の決定ロジックの策定
成果
  • 物流コスト 約12%の削減
  • 在庫金額 約26%の圧縮
  • 販売金額 約15億円の拡大

サプライチェーン最適化事例

物流センター内改善事例

輸配送ネットワーク改善事例

セミナー情報

page top

サービスや採用など、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら